イチボってどこの部位?旨味たっぷりな味わい楽しもう!

肉 イチボ

焼き肉の主役的部位といえば、カルビやハラミ、タン。焼き肉屋さんに行ったら必ず注文する、という方は多いと思いますが、牛には隠れた魅力的な部位が数多く存在しています。今回、食べることができる牛肉の部位の中でも、特に希少価値の高い「イチボ」についてを紹介していきます。

イチボってどこの部位?

「希少価値の高い部位、イチボ」と、聞いても一体どこの部位だかよくわからない、という方の方が多いでしょう。

イチボは、簡単に言うと牛のお尻の先部分の部位です。お尻部分の肉自体は、「ランプ」と呼ばれていますが、イチボはお尻の下部にある部位です。この下部にある部位ですが、臀骨部分がH型のためにエイチボーンと呼ばれており、それが縮まって「イチボ」というネーミングになった、と言われています。

イチボは、カルビのように目に見えるような脂感は無いのですが、旨味がしっかりとある赤身であり、硬さは無く柔らかな肉質ですので、普段希少部位を食べ慣れていないという方でも、抵抗なく食べることができるのではないでしょうか。

イチボの味わいや特徴

イチボの特徴は、前述した通り旨味のある赤身の肉質です。脂っぽさが無いので、焼き肉は大好きだけれども、脂っぽいので直ぐお腹いっぱいになってしまう、という年配の方にもおすすめしたい部位です。

実は、イチボはステーキでよく使用されている牛肉の部位の最高位「サーロイン」に繋がっている部位であり、サーロインに通じる味わいの良さを楽しむことができる部位でもあるのです。

サーロインに近い、ということですので、ステーキとしても、「イチボステーキ」と呼ばれる商品が存在しており、お店によってはサーロインにも負けない、高級部位として提供されていることもあります。あっさりしているのに、噛み締めるととってもジューシー。新しい部位を探している方におすすめの部位でしょう。

イチボの焼き方、楽しみ方

イチボは、前述したようにサーロインに繋がる部位の一部であることから、ステーキとして食べられることが多いようです。

しかし、カルビやハラミなどに比べればやや硬めですので、分厚く切られることは少なく、ローストビーフや焼き肉として使用されることも少なくはありません。硬めですので薄めに切ることが美味しく食べるコツであり、脂分が少ないことからも焼き肉では、人気の部位としても知られています。

食べ方としては、イチボはカルビなどに比べるとやや個性的な味わいがあるため、それらを生かすために塩で食べるのが良いでしょう。

ステーキでは、醤油やわさびをつけて食べられてることもあるので、焼き肉でもそのように食べるのもオツかもしれません。

もちろん、その個性的な味わいを和らげたい、という方であれば、甘口系の焼き肉のタレをつけながら楽しまれても良いでしょう。鮮度が大変良いイチボを提供してくれるお店であった場合、あまり焼き過ぎない方がその美味しさをより味わえます。

赤身肉独特のジューシーな味わい、そして個性を持つ味わいですので、ビールはもちろん、ワインであればカベルネソーヴィニヨンを使用したフルボディのものがおすすめです。日本酒であれば、豊潤な味わいを生み出す辛口系の熱燗で合わせてみても面白いかもしれませんね。焼酎も、お湯割りがいいでしょう。

まとめ

今回、ここでは牛肉の中でも非常に希少価値の高い、「イチボ」という部位についてを紹介しました。メジャーな部位ではありませんが、その美味しさはメジャーな部位に勝るとも劣りません。

美味しいイチボを食べるコツとしては、やはり新鮮で上質な「イチボ」を出してくれる、そういった信頼できる焼肉店などを選ぶと良いでしょう。ぜひ、一度はイチボに挑戦してみてはいかがでしょうか。